クリーニングサポート事業について

クリーニングサポート事業『洗ってキレイ 明るいミライ』は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている世帯に対し、クリーニングチケットを配布し、これらの世帯の家事負担の軽減や、クリーニングを活用した生活環境の衛生の維持と意識喚起を図りながら、売上減少など大きな影響を受けている旭川のクリーニング需要を後押しすることを目的とした事業です。クリーニングを通じて旭川市を応援し、明るい未来を描くキッカケとなればと思い実施に至りました。

クリーニングチケット3,000円分を13,000名に配付!!

旭川クリーニング組合(草野豊組合長)では、この度、旭川市新型コロナウイルス感染症対策基金を活用した経済支援策、「クリーニングサポート事業」を5月下旬より実施しております。

本事業は、新型コロナウイルス感染症拡大により大きく影響を受け、売上が減少したクリーニング事業者の経営持続化に向けた支援策です。旭川クリーニング組合が事業主体となり、市内の対象医療機関等関係者と妊産婦、約13,000名へ一人当たり3,000円分のクリーニングチケットを配付し、市内の登録クリーニング店(非組合員を含む)での利用促進に繋げます。

クリーニングチケットを使える店はこちら

旭川市へ事業の提案と共に要望書を提出

一般衣料のクリーニングを中心とした、ドライクリーニングの需要は、①家庭洗濯の容易化、②ファッションのカジュアル化、③消費行動の多様化、などを背景に1992年以降、マーケットは縮小傾向が続いていますが、昨年の国内における新型コロナウイルス感染症発生以降、「在宅勤務の増加」「冠婚葬祭の廃止・簡略化」「外出自粛」などによって、幅広い地域・世代で一段と需要が減少。総務省統計局「家計調査(二人以上の世帯)」をみても、一世帯当たりのドライクリーニング平均支出額は4,661円(2019年:5,936円)と、前年比▲21.5%と64年ぶりに20%以上の減少幅を記録しました。

こうした中、旭川クリーニング組合では、大きくひずみが生じた業界における支援を求め、旭川市へ要望書を提出。その際、新型コロナウイルス感染症により大きく影響を受けている世帯の家事負担の軽減や、クリーニングを活用した生活環境の衛生の維持と意識喚起を図りながら、市内におけるクリーニングの利用促進につながる仕組みを同時に提案し、その後市役所と協議を進め本事業の実施に至る運びとなりました。

事業目的・概要

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている世帯に対し、クリーニングチケットを配付。これらの世帯の家事負担の軽減や、クリーニングを活用した生活環境の衛生の維持と意識喚起を図りながら、売上減少など大きな影響を受けている市内のクリーニング需要を後押しする。

事業主体 旭川クリーニング組合
チケットの利用期間 令和3年5月31日(月)から令和3年10月31日(日)まで

クリーニングチケットの概要

名 称 「洗ってキレイ 明るいミライ」クリーニング応援チケット
チケット額面 1,000円/3枚で1セット
発行数 約13,000セット

チケット配付対象者

これまでにない環境下での従事が求められることや、感染リスク回避のため外出を自粛するなど、不便な生活を強いられている方々を中心に、旭川クリーニング組合から要望を伝え市役所と協議を行い、事務局にて次のとおり対象者を決定しました。これらの方々の家事負担の軽減や、クリーニングサービスを活用した生活環境の衛生の維持と意識喚起を図り、同時にクリーニング業界の支援に繋げられればと考えます。

Aチケット
【想定:約8,900人】
新型コロナウイルス感染症対応を最前線で行う医療機関(5基幹病院)及び大規模クラスター対応に当たった施設(吉田病院、北海道療育園)に勤務されている医師、看護師、その他の医療従事者及び当該機関において従事する事務など医療従事者以外の関係者。医療従事者だけではなく、同じ緊張感の中で勤務されている事務や清掃スタッフの方も対象としています。
※事務局から当該医療機関・施設へお渡しし、その後各施設から各自に配付されます。
Bチケット
【想定:約4,100人】

1歳未満の乳児がいる産婦又は保護者

  • 令和2年4月2日~令和3年4月1日生まれの乳児を養育している産婦又は保護者
  • 令和3年4月1日現在,妊娠の届出を行っている妊婦
  • 令和3年4月2日~令和3年8月31日までに旭川市で妊娠の届出を行った妊婦

※旭川市からゆうパックにより各家庭に郵送されます。

クリーニングチケットを使える店はこちら

チケット取扱事業者参加資格

チケット取扱事業者(以下「取扱事業者」という。)は次の各要件の全てに該当するものとする。

  1. 旭川市保健所にクリーニング施設所の届けを行っている市内のクリーニング事業者、或いは市内の旭川クリーニング組合員、また、その事業者が経営する旭川市内の店舗
  2. 一般消費者を対象とした、衣類のクリーニング,布団,ジュータン,靴,バッグ,着物,毛皮皮革製品などのいずれかのクリーニングサービスを提供できるもの
  3. 1名以上のクリーニング師を有するもの
  4. 新北海道スタイルを実践し,感染リスクの低減に取り組むもの
  5. 旭川市暴力団排除条例(平成26年条例第16号)第2条第1号及び第2号に規定する暴力団及び暴力団員若しくは同条例第7条に規定する暴力団関係事業者でないもの
  6. 公序良俗に反する営業を行っていないもの
  7. 旭川クリーニング組合が本事業と連動し生活衛生の意識喚起事業を行う場合,その参加協力が可能なもの
  8. 各申請や手続き,換金などの連絡において,事務局からの連絡には速やかに対応頂けるもの

旭川クリーニング組合について

昭和36年発足の業界団体。現在会員は21の事業者で構成しており、毎月の理事会と役員会の他、各種染み抜きや仕上げなどの講習会を開催。

旭川市との協働では、毎年食べマルシェへ参加。組合事務局のある七条緑道沿いに特設ブースを設置し更衣室を備え、お客さまが食べマルシェ会場で付けてしまったシミをその場で落とす「無料シミ抜きサービス」が毎年人気を博しています。

所在地 〒070-0037 北海道旭川市7条通8丁目
連絡先 TEL 0166-26-3168
設立 昭和36年
代表者 組合長 草野 豊(くさのクリーニング店)
開設時間 月~金 10:00-15:00
本事業担当者 赤坂ゆかり
  • 新北海道スタイル
  • 密集をさけよう
  • 密接をさけよう
  • 密閉をさけよう
  • 喚起をしよう
  • 咳エチケット
  • 手を洗おう
  • クリーニングサポート事業はお洗濯を通じて持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています
  • 全ての人に健康と福祉を
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 生きがいも経済成長も
  • つくる責任つかう責任
  • パートナーシップで目標を達成しよう
クリーニングサポート事業 〒070-0037 北海道旭川市7条通8丁目
TEL0166-26-3168(受付時間/月〜金 10:00〜15:00)

メールでのお問い合わせ

事業主体:旭川クリーニング組合/協力:旭川市

PAGETOP